債務整理後の一定期間はキャッシングの審査に通過することが難しい

債務整理後は信用情報機関にその情報が一定期間登録されます。いわゆるブラックリストに載るということですが、登録中は大手の金融会社でキャッシングすることはほぼ不可能です。任意整理で約5年はブラックリストに載ると言われているため、この期間中は新たにキャッシングするのは非常に難しくなります。ただし、大手以外の消費者金融なら可能なところもあるようです。

大手では難しい
銀行はもとより、消費者金融でも大手業者で債務整理後の人にキャッシングしてくれるところはほぼありません。任意整理後なら5年間は新たにローンも組めなければクレジットカードも作れないというのが一般的な見解です。ただし、いわゆる街金と呼ばれる中小の消費者金融業者には、ブラックリストに登録中の人でも貸してくれるところがあります。

中小規模の業者には貸してくれるところもある
ブラックリストに載っている人にお金を貸してくれないのは、法的な制限などがあるからではなく、単にその人の返済能力が信用されていないからです。一度債務整理した人はまた多重債務に陥る可能性が一般の人より高いことは明白ですから、あえてリスクを冒してまで大手業者が貸すメリットがありません。ところが、中小規模の業者では、多少のリスクを冒してでも顧客獲得が重要なので、貸してくれるところがあるというわけです。