消費者金融やクレジットカードのキャッシングは使い道が自由

消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングでは、お金の使い道は基本的に自由です。使い道が自由であることがこうしたキャッシングのいちばんのメリットでしょう。

銀行では使い道を聞かれる
基本的に、お金を借りる時は使い道を聞かれるものです。家族や友人から借りる場合は当然として、銀行から借りる場合も利用目的を問われます。銀行は金利が低いのが魅力ですが、融資金の用途に一定の制限を設けています。たとえばマイカーローンなら自動車購入に関連する費用のみ、個人向けのカードローンは事業資金に使えないといった具合です。一方、消費者金融などのキャッシングでは、金利は銀行より高いものの、借りたお金の使い道を問われることはありません。

消費者金融は使い道自由
消費者金融に申し込んだ場合でも、時々お金の使い道を聞かれることがあります。しかし、それはアンケートレベルのことで、遊興費や交際費と書いておいてまったく問題ありません。借りたお金で何を購入するのか、いくらぐらい必要でどこで購入するのか、など具体的なことは一切答える必要がないので、気軽に利用できます。貸したお金の使い道を確認するには、業者がわざわざ追跡調査でもしない限り無理なので、そこまでの労力をかけてまで調べようという業者はいないのです。