キャッシングで借りたお金を返済できないまま放置していると

キャッシングで借りたお金を返済できないからといって放置していると、デメリットしかありません。今後の生活にも支障が出ることもあるので、借りたお金は必ず返済できるように計画的に利用しましょう。

督促は永遠に続く
返済できないまま時間が経つと、まずキャッシング会社から延滞の通知が届きます。通知の方法は、まず携帯電話に本人に直接なされますが、それに出ないと、ハガキなどの郵便による通知、自宅への電話、「いついつまでに支払え」という督促状というふうにエスカレートしていきます。ちゃんとした業者なら暴力的な取り立ての心配はありませんが、家族など周囲の人にバレる可能性は高いですし、返済しない限り督促は続き、最終的には法的な手段に訴えられてしまいます。

遅延損害金がかかる
延滞すると、延滞した金額にに対して遅延損害金がかかります。遅延損害金がいくらになるかはキャッシング会社によっても違いますが、だいたい20%前後の利率がかかると考えてください。遅延損害金は返済が遅れるほど高くなっていくので、1日も早く返済することが何よりも大切です。

事故情報として登録される
返済できない状態のまま延滞を続けると、やがてキャッシングが利用できなくなり、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。そうなると、今後、キャッシング、ローン、クレジットカードなどの申し込みにも支障が出ることは確実です。