キャッシングの申し込みで電話確認を避けるには

カードローンやキャッシングに申し込むと、審査の過程で勤務先へ在籍の電話確認が行われます。申し込む際には自分の年収や職業を記入しますが、その内容が本当か確かめるための電話です。キャッシング会社も気を使ってくれるので、職場の人に「借金の電話だ!」とバレるようなことは言いませんが、どうしても電話は困るという場合は、書類の提出で電話確認の代わりとしてくれる会社を選びましょう。

借金の電話だとはバレない
貸金業法にも定められているように、キャッシング会社は申込者のプライバシー厳守に努めています。電話確認といっても本当にその人がそこで働いているかを確認するだけですから、本人が不在でも特に問題はありません。営業職など社外に出ていることが多い人でも心配無用です。

書類の提出で可としてくれるところもある
それでもどうしても会社に電話は困るという場合は、その事実をキャッシング会社に正直に伝えることをおすすめします。電話の代わりに社員証や給与明細などの書類の提出で在籍確認としてくれる会社もあります。実際、申込者の都合ではなく、個人情報ということで社員の情報を教えない会社もけっこうありますから、電話がまずいと言っても不審に思われることはありません。ただし、必ず電話による確認を行うというキャッシング会社もあるので、申し込む前に確認しておきましょう。